Galaxy Note 3(SC-01F)新たなlollipopカスタムROMを試す | タブレットが大好きだ!

タブレットが大好きだ!

よくわからないけど、タブレットが大好き!見に来てくれてありがとう!

*

Galaxy Note 3(SC-01F)新たなlollipopカスタムROMを試す

      2015/06/17

20150613_SC-01F_lollipop_1

こんにちは。タブレットが大好きな中年です。
Galaxy Note 3(SC-01F)のlollipop配信がカウントダウン状態になってきましたが、SC-01Fで動作するカスタムROMをまたまたご紹介させていただきます。Galaxy S6 EDGEベースのカスタムROMになります。

スポンサーリンク


Pure Stock PORTED S6 EDGE STABLE ROM v2.3

Galaxy S6 EDGEベースのカスタムROMになります。

以下、実際に行った実装手順、動作検証、ベンチマーク結果をレポートしてみたいと思います。

尚、本手順を実施すると、メーカーの保証がなくなります。また、作業ミスがあった場合、最悪壊れます。自己責任でお願いします。

実装方法

初めから導入することを想定して書きましたので、カスタムリカバリー等、既に導入済の方は、必要に応じて読み飛ばしてください。

パソコンでの作業

必要となるファイルの準備

下記ファイルを事前にダウンロードして、パソコンの任意の場所に保存しておきます。

カスタムリカバリーを焼く
  • SC-01Fをダウンロードモード(※)で起動、パソコンに接続
  • パソコンでOdinを起動して、カスタムリカバリーを「AP」に指定して焼く
  • 成功するとSC-01Fが再起動する

別記事をご参照ください。

SC-01FのSDカードに必要なファイルを準備する
  • SC-01FのSDカードにカスタムROM、aroma_installer、ストックカーネルをコピーする
  • SC-01Fの電源を落とす
  • USBケーブルを抜く

後続の作業に続きます。

SC-01Fでの作業

実装手順

以下の手順は、TWRPを使った場合の手順になります。

  • リカバリーモード(※1)で起動
  • 「Backup」で全データをバックアップ
  • 「Wipe」→「Advanced Wipe」でDalvik Cache、Cache、System、Dataにチェックを入れ、実行
  • 「Install」で事前に準備したaroma_installerを指定して実行
  • 「Install」で事前に準備したカスタムROMを指定して実行 ※2
  • 「Install」で事前に準備したストックカーネルを指定して実行
  • 再起動

※1 別記事をご参照ください。

※2 選択項目がいくつかありますが、デフォルトのまま手順を進めてください。ただし、インストールの最後のみ「再起動」のチェックを外してください(ストックカーネルをインストールするため)

初期設定はデフォルトで結構です。サムソンアカウントにログインすると、アプリのリストアが可能です(バックアップしている場合)

APNの登録(SPモード以外を利用されている方のみ)

「設定」→「その他ネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「APN」にてお使いのAPNを登録してください。

動作確認

ホーム画面はGalaxy S6 EDGEの画面と同じになります(S6 EDGEベースですから当然ですが)

(ホーム画面)

20150613_SC-01F_lollipop_1

ブラウジング、動画再生など

通常のブラウザ操作、ブラウザ内の動画の再生ともに問題なく動作しました。Youtubeでの動画再生も問題なしです。

エアコマンド関連

スタイラスを引き抜くとエアコマンドが起動します。

エアコマンドでは、アクションメモ、スマート選択、画像クリップ、スクリーンライトの4つの機能が用意されています。

(エアコマンド起動)

20150613_SC-01F_lollipop_2

 

マルチウインドウ機能

マルチウインドウ機能も完全に動作します。アプリ履歴キーを押すとマルチウインドウ選択画面が起動します。そこで動作させるアプリを選んでタップすると、マルチウインドウでの動作が可能になります。

(マルチウインドウ選択画面)

20150613_SC-01F_lollipop_3

 

(マルチウインドウ動作画面。EvernoteとChrome)

20150613_SC-01F_lollipop_4

 

電話が使える!

初期設定の段階で、自動で電波を掴んでくれます。通話、着信ともに可能です。また、LTEとしてきちんと認識してくれます。

(通話画面)

20150613_SC-01F_lollipop_7

 

(速度計測。LTEとして認識されている)

20150613_SC-01F_lollipop_9

 

カメラ

Galaxy S6 EDGEのカメラアプリが使えます(インストール時にカメラをデフォルトで設定している場合)

(カメラ起動画面)

20150613_SC-01F_lollipop_5

 

VIPER4Androidが入っています

音楽関連アプリのVIPER4Androidが搭載されています。音楽を聴く方は重宝するかも。

(VIPER4Android)

20150613_SC-01F_lollipop_8

 

お約束のベンチマーク

Antutuベンチマークの結果は43869。他のカスタムROMと比べて同等の成績でした。

(Antutuベンチマーク)43869

20150613_SC-01F_lollipop_6

その他

ワンセグ、おサイフケータイはアプリが入っていないので未確認です。

一つ気になったのは、サスペンドからの復帰がワンテンポ遅れます。逆に言うとそれ以外は何の問題もなく動きます。

結論…実用してもいいかも

安定していて、実用可能なレベルに仕上がっています。サスペンドからの復帰がワンテンポ遅れるのが唯一惜しいところです。

ドコモの純正lollipop配信も近いですが、このカスタムROMでS6 EDGE気分を味わってみるのもアリだと思います。

 - Galaxy Note 3 , , , , ,


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です