パソコンで電話がしたい!(ブラステル導入編) | タブレットが大好きだ!

タブレットが大好きだ!

よくわからないけど、タブレットが大好き!見に来てくれてありがとう!

*

パソコンで電話がしたい!(ブラステル導入編)

      2016/05/29

こんにちは。タブレットが大好きな中年です。

諸般の事情により、ここしばらくブログを更新できておりませんでした。申し訳ございません。ようやく通常の生活が送れるようになりましたので、本格的に再開していきたいと思います。というわけで、本日はパソコンを固定電話代わりに使う方法について試してみましたので、ご紹介させていただこうと思います。

スポンサーリンク


パソコンを固定電話として使いたい!

ヘッドセットを利用して、パソコンで作業しながら電話を使うために、今はOCNの050plusのお世話になっています(私はOCNモバイルONEユーザーです。そうすると、050plusの基本料が半額になります)

050plusのWindows用ソフトをパソコンにインストールして、ヘッドセットで使用しています。設定も簡単かつ音質もクリアで、050plusについては何の不満もありません。

しかし、OCNモバイルONEは、クレジットカードを持たない私が契約することができた唯一の選択肢で、通信速度の遅さにイラッと来ることも多々あります(格安SIM業者の中で、音声SIMが口座振替で使えるのはここだけ。覚悟して契約したんですけどね)

そんな中、楽天モバイルがかけ放題のサービスを開始しました。月額850円で5分以内なら無制限で利用できるという、お金のない私にとっては魅力的なプランです。さらに調べたところ、スルガ銀行VISAデビットが使えるということが分かりました。私、持ってます!(VISAデビットは格安SIM業者はほぼ使えないんですけど、盲点でした)

そこで、スマホについては、OCNモバイルONEを解約して、楽天モバイルで新規契約することにしました(こちらについては後日記事にまとめてみたいと思います)

そうなると困ったことが発生します。050plusの基本料の割引がなくなり、支払いもクレジットカードのみとなってしまうからです。クレジットカードを持たない私に選択の余地はありません。基本的には解約する方向で考えないといけません。

でも、やっぱり、パソコンを固定電話代わりに使いたいのです。

050plusの代用サービスを探してみた

まず見つかったのが、フュージョンのSmarTalkです。楽天モバイル同様に、スルガ銀行VISAデビットが使えるので、前向きに検討しました。

基本料金がかからないのは好印象ですが、通話料は若干高めの設定。基本的に30秒8円で050plusを使ってきた私にとっては、満足いくものではありませんでした。

さらにググりました。そしたら見つけました。プリペイド式国際電話用カード「ブラステル」です。これは使えそう!国内通信業者の登録もされているので、怪しい業者ではなさそうです。

ブラステルについて

あまり詳しくはわからないのですが、国際電話メインの会社のようです(間違っていたらごめんなさい。サークルKでもそう説明されました。ちなみに、国内携帯電話向けサービスも展開しています)

「ブラステルカード」をコンビニ(もしくは当社のホームページ)で手に入れて、そこに現金もしくはクレジットカード、ペイパルでチャージして使用します。

通話料金は050plusとほぼ同じです。そして、基本料金がかかりません。これは050plusと比較して、お得ですね。

チャージは基本的に2000円から可能(クレジットカードの場合は、初回2000円で以降のチャージは500円から※)

※追加のチャージについては未確認。追加チャージする機会がありましたら、記事を更新します。

通話料金を除いて考えると、ただで050の番号がもらえますし、お得感満載です。あとは通話品質がよければ言うことなしです。

ブラステルを申し込んでみた

【注意!】ブラステルの申し込みにはSMSを受信できる携帯電話が必要になります。

まずは「ブラステルカード」を入手する必要があります。「ブラステルカード」はセブンイレブン以外の大手コンビニ店舗でもらうか、同社ホームページから入手することができます。

ちなみに、サークルKでもらったカードはこんな感じです。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_1

 

今回は、上記カードを使用しないで、同社ホームページから申し込んでみました(深い意味はありません)

申し込み手順

ブラステルのホームページ(こちら)にアクセスします。次に、ページ中段の「利用方法」の「パソコン・その他端末」タブをクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_2

 

以下の画面に遷移するので、「次へ」をクリックします。(IP電話ソフトは、ブラステルの設定が完了した後にインストールします)

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_3

 

「設定する」という画面に遷移します。ブラステルカードは持っていない設定ですので、「こちら」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_4

 

この画面に遷移します。「今すぐに利用可能!オンラインカード クレジットカードでのお支払い」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_5

 

以下の画面に遷移します。必要事項を入力します。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_6

 

すべて入力しましたら、「次へ」をクリック。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_7

 

確認画面に遷移しますので、内容が正しければ「OK」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_8

 

カード発行が完了しました。この画面を印刷しておくことをお勧めします。印刷したら、初期設定(電話)を行います。音声アナウンスで「手続きが完了しました」みたいなメッセージを確認したら、通話を終了します。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_10

 

050番号の取得

最初のページに戻ります。次に、ページ中段の「利用方法」の「パソコン・その他端末」タブをクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_2

 

「次へ」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_3

 

ここで、先ほど取得したアクセスコード(左の8桁)とPIN番号(右の4桁)を入力し、「パスワードを取得」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_11

 

パスワードが表示されます。ここに表示されている「ドメインホスト」「ユーザーID」「パスワード」はIP電話ソフトの設定で使用しますので、印刷しておくとよいです。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_12

 

次の作業で、念願の050の電話番号を取得します。

ページ左上の「マイアカウントログイン」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_13

 

新たにウィンドウが開きますので、必要情報を入力し、ログインします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_14

 

以下の画面に遷移します。下の「携帯電話番号を入力してください」をクリックし、携帯電話番号を入力します。その後、「認証コードを送信する」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_15

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_17

 

SMSを受信したら、登録したメールアドレスと認証コードを入力し、「確認する」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_18

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_19

 

050の番号を取得できました!印刷することをお勧めします。印刷が終わりましたら、ログアウトしてください。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_20

 

「ブラステル」の設定はここで一旦終了になります。

IP電話ソフトのインストール

「ブラステル」のホームページで紹介されていたソフトの中で、発着信が正しく動作するものはありませんでした。

[2016/5/29追記]「X-Lite」を動かすことができました。管理人はX-Liteで運用しております。ハマったのは以下の部分です。

User Detailには「User ID」「Domain」「Password」の3か所しか入力してはいけない。

一応、「Express Talk」の設定方法は残しておきます。

以下をご参照ください。

グーグル先生のお力を借りて探し回ったところ、正常に発着信ができるソフトが見つかりました。「Express Talk」というソフトです。商用でなければ無料で利用できます。

ここでは、「Express Talk」を実際にインストールする手順をご紹介します。

インストール手順

こちらからダウンロードページに移動します。「無料ダウンロード」をクリックすると、自動的にダウンロードされます。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_21

 

では、実際のインストール手順に入ります。

ダウンロードしたインストーラーを実行します。「この利用規約に同意する」にチェックを入れ、「同意する」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_23

 

すべて不要です。そのまま「完了」をクリック。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_24

 

ご自分の環境に応じて選択、「次へ」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_25

私はヘッドセットを使用するので、以下を選択しました。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_26

 

 

関係ないので、「次へ」をクリック。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_27

 

マイクのテストをします。確認してOKでしたら「次へ」をクリック。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_28

 

指定したデバイスから音声が聞こえるか確認します。OKなら「次へ」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_29

 

上記の手順で、設定に必要な情報は揃っていますので、「はい」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_30

 

 

表示用ニックネームは自分が分かりやすい名前、サーバ、ユーザー名、パスワードは前述の手順で取得したものを入力します。「次へ」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_31

 

「完了」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_32

 

完了すると、以下のポップアップが表示され、ファイアーウォールの設定処理が走ります。「続行する」をクリックします。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_33

 

これで「Express Talk」が使えるようになりました。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_34

 

 

疎通確認をします

「050-6868-0000」が「ブラステル」の通話確認専用ダイヤルになります。

10秒話して、その後に自分の声が再生されますので、確認できたら電話をきります。

お疲れ様でした。これで受発信できるようになりました。

ちなみに、ブラステルは発信時にあと何分話せるかというメッセージが流れます(15秒程度)これは慣れるしかありませんね。

 

Express Talkを使ってみての感想

ビジネス向けに開発されたソフトみたいですので、見た目はクールとは言えないところが少し残念です。

あと、パソコン起動時に毎回商用利用ではない旨確認するウィンドウが表示されるのが気になります。

こんなウィンドウが表示されます。

20160524-IP電話-パソコン-ブラステル_35

最後に

IP電話については何の知識もなかったのですが、発着信できるようになるまで半日かかりました。クレジットカードを持っていないがために、このような苦労をすることになろうとは、夢にも思っていませんでした。

しかし、通信費のコストダウンもできて、プリペイド式だから使いすぎる心配もありません。半日かかりましたが、自分では大満足しております。

皆様のご参考になれば幸いです。

 - Tips , , ,


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です